足の悩みランキング

正しい歩行

一口に「足の悩み」と言っても、足の悩みの種類は様々。
そこで、多くの人はどのような足の悩みを抱えているか、みていきましょう。

スポンサードリンク

実に半数以上の人が足に悩みを抱える

マイボイスコムによると、「10代」から「50代以上」までの各年代の男女を対象に実施した「足の悩み」に関するインターネット調査の結果が出ました。
調査期間は5月1日~5月7日で、有効回答者数は1万1,607人。

スポンサードリンク

■アンケート1:足に悩みがありますか? 悩ましい季節はいつですか?

(複数回答)
調査結果では、全体で実に半数以上の63.9%の人が「足の悩みを」を抱えていることがわかります。

季節別では、最も多いのが冬(44%)、次いで夏(35.8%)、春(15.3%)そして比較的悩みが少ないのが秋(12.5%)ということです。

スポンサードリンク

■アンケート2:足の悩み別ランキング どのような症状で悩んでいますか?

(複数回答)

こちらの結果は、季節との関係が深く、乾燥のすすむ冬にはかかとの荒れ・脚の肌荒れや乾燥などがダントツ1位でした。
回答には他にも

  • 外反母趾・内反小趾(8.9%)
  • あしのムダ毛(8.9%)
  • 足幅が広い(7.8%)
  • 臭いがきつい(6.9%)
  • 膝の荒れ・くすみ(6.2%)
  • O脚・X脚(5.8%)
  • 偏平足(2.9%)

が挙げられ、悩みの症状というよりは「外反母趾・内反小趾」「O脚やX脚」、「偏平足」などのようにご自身である程度判っている
または、医師により診断された方が相当数います。

■足の悩みを持つ女性は8割を超えた!

40代~60代の女性を対象とした「足の悩みに関する意識調査」
(インターネットによる全国女性1413名に対するアンケート。「fitfit調べ」)

結果は、8割を超える5人中4人は「足・靴に悩みを抱えています」と回答。
20~30代とハイヒールやパンプスを履き続けたことや、運動不足による筋力低下が大きな要因として考えられます。

■女性限定 足の悩み別ランキング(40~60代)


アンケート2の男性含むアンケートと比較して際立つのが、「外反母趾」に悩む女性が多いことです。
また、こちらは40代~の回答となるため、年齢が上がるにつれて「外反母趾」になる傾向が高くなっているともいえそうです。
回答は他にも

  • タコ・マメができやすい 25.3%
  • 浮腫み 22.9%
  • 左右のサイズが異なる 22.2%
  • 足爪のトラブル 13%
  • ・冷え 12.7%

と、「足のニオイ」や「足汗」などは少なくなっています。女性はは、踵(かかと)のひび割れや靴との相性に重要性を感じているようです。

まとめ

直立した人類が地球に接している体の部位は、そう「足」だけなのです。
この基礎となる足に7・8割の方が悩みや、不安そしてトラブルに直面していることがアンケートからわかりました。
どんなに体の他の部分がバランスよく安定していても、基礎となる足にトラブルを抱えていては、全身の骨格に悪影響が及ぶそうです。
“日常のちょっとした工夫、積み重ねの少しの努力でしなやかな二足歩行をいつまでも続けることができるなら・・・”
そんな思いからこれからトラブルに関する原因や対策など調査していきたいと感じます。