レザースニーカーのお手入れ

今回は大人のスニーカーとしても幅広く愛用されるレザースニーカーのお手入れ方法を紹介します。レザースニーカーと一口に言ってもその素材は色々です。ここでは、スエード素材を除くリアルレザーとPUレザー(ポリウレタンレザー風仕上げ)のお手入れ大公開。

スポンサードリンク

知ってた?水洗いできる革製スニーカー

天然皮革のスニーカーが布製スニーカーのように水洗いできることご存じですか?意外と知らない人が多いと思います。革製スニーカーの内側も普通のスニーカー同様足からの発汗でムレます。湿度の高い環境ですと、当然様々な菌が繁殖します。今まで日陰で干す、新聞紙を入れて吸湿させるだけだった革製スニーカーを早速水でまるごと洗浄しましょう。

1.通常のメンテナンス

外側についた汚れは、なるべくついた時にその場で布で拭き取る

⇒防水スプレーを洗剤代わりに! 防水スプレーを吹きかけ柔らかい布か綿棒で拭き取る

履いた後は除菌スプレーをかける

内側は除菌スプレーをかけた布で拭き取る

2.水洗い

バケツにハンドソープ(弱酸性)を溶かした水を張る(革用洗剤ももちろん可能)

靴紐ははずしておく(⇒4.靴紐へ)

台所用スポンジで泡立て優しく表面の汚れを洗いとる

内側が合成皮革で作られている場合、水を内側に入れずにアッパー表面と靴底のみを水洗いする

最後に水でよくすすぐ(洗剤が残っていると紫外線で黄ばみの原因になります)

3.干す

古布で靴全体の水分を丁寧に取り除きます

日陰干しの前に革用保湿クリームを塗ります

風が通る日陰で自然乾燥させます

ドライヤーなどの熱は革が縮んだり靴の接着面に使われている接着剤が溶けだす原因になります

4.靴紐

白い靴紐は漂白剤でつけ置き洗い

白以外は洗剤で色落ちを確かめてから洗う

平たい靴紐はアイロンがけできれいに仕上がります

 

5.注意

部分的に革が使われているスニーカーは弱酸性の洗剤で洗うのがベストです

白以外の色の革製スニーカーを洗う前は、目立ちにくい場所に洗剤をつけたタオルでこすってテストして色落ちしないようなら白スニーカー同様洗浄します

色落ちする場合は水洗いを避けましょう

スポンサードリンク

合成皮革のスニーカーのメンテナンス

実はメンテナンスしやすそうな合成皮革のスニーカーは実際デリケートなものです。合成皮革は合成樹脂でできているビニールのことです。表面の塗装が剥げていたり、樹脂に傷がついたりすると水洗いすることで劣化が一気に進みます。普段のお手入れが大切です。

1.通常のメンテナンス

外側についた汚れは、なるべくついた時にその場で布で拭き取る

特に雨の日にも履きやすい合成皮革スニーカーですが濡れた後の始末が大切です

水に浸けている時間を最短にすることを心がけます

水に濡れた後はなるべく早く柔らかいタオル地などの布で水分をふき取ります

可能な場合脱いで内側も乾燥させる

帰宅後は濡れた靴紐ははずします

⇒防水スプレーを洗剤代わりに! 防水スプレーを吹きかけ柔らかい布か綿棒で拭き取る

履いた後は除菌スプレーをかける

内側は除菌スプレーをかけた布で拭き取る

 

2.水洗い

インソールが取れるタイプで汚れが少ないときは基本インソールのみを水洗いします

傷が目立たないもの、内側の皮脂汚れが目立つものはやはり水洗いをオススメします。劣化は避けられないため、靴の状態と目指す状態とのバランスはご自身で判断してください。劣化がすすんでも、臭いや汚れの酷い靴を履くことはご自身の足にとって厳しい環境となります。白いスニーカーが黒ずんでいてはおしゃれに履きこなすこともできません。そんな時は思い切って水洗いしましょう!

靴紐はあらかじめ取り外し 別に浸けおき洗いします

洗剤は中性洗剤を使います(おしゃれ着洗い用の洗剤)

洗剤の用量で洗浄水をバケツに用意します

基本は水に浸けている時間を極力短くすることです

洗浄水を含ませたスポンジの柔らかい部分で外側の汚れをふき取ります

内側に洗浄水を流しいれスポンジの固い部分で汚れのひどいところをこすります

洗浄液を捨てて水洗いします(なるべく時短で洗剤残りのないように)

水を取り替えてしっかりとすすぐ

 

3.干す

洗濯機の脱水機能で脱水3分(洗濯ネットに入れタオルに包んでから投入します)

風通しの良い日陰で自然乾燥

合成皮革スニーカーの素材は樹脂です 乾燥機・ドライヤーの熱は厳禁