足つぼと反射区

身体のトラブル

以前、足の指が広がらないという悩みについて書かせていただきました。
毎日・・・はできておりませんが、エクササイズは続けております。
足指ジャンケンで「パー」を出せるまでの道のりは、まだまだ遠い模様。

スポンサードリンク

日々のマッサージの中で

湯船に浸かって足指をぐるぐる回していると、「ついでに足つぼもマッサージしてみよう」と思うようになり
足つぼ一覧のイラストや画像を探してみたり、足つぼマッサージの方法を調べてみたりしていました。
そうしていく中で、改めて誤解していたことがありました。

スポンサードリンク

「足つぼ」と「反射区」は似て非なるもの

足つぼとは


ツボ=経穴、”中医学、漢方医学、経絡学の概念で、体内の異常に応じて体表の特定の部位に対応して現れるもので指圧、鍼、灸で刺激を与えることで体調の調整、諸症状の緩和を図るものである。”(wikipediaより)

「ツボ」は全身に広く存在します。
全身に部位にそれぞれ対応したツボがあって、不調を改善するためにそのツボを押したり、鍼をさしたりお灸を据えたりします。
実際私も「頭痛には手にある合谷(ごうこく)というツボがいいらしい」と昔聞いていたので、頭が重いと思った時には合谷をぐりぐりして刺激したら徐々に重さが軽減したりしました。
そういった全身に分布している中で、足にあるツボが「足つぼ」であるというのが定義です。
また、前述の合谷もそうですし、松尾芭蕉の「おくのほそ道」でも「三里に灸すうる」とはしがきに書いているくらい昔から知られている足と手にある「三里」のように
ツボには名前がついています。
足裏にある疲労回復に効果のあるツボ「湧泉(ゆうせん)」も、比較的メジャーです。

反射区とは


一方反射区は、足裏マッサージでよく出てくる、足の裏にいろいろなエリアが書かれているイラストがありますよね?
これが反射区です。(足の地図、フットチャートというらしい)
ツボのように名前があるわけでなく、「◎◎(臓器や器官)の反射区」という表現になります。

厳密に言うと、足の裏にあるツボは前述の「湧泉」含め数か所しかないので
本当の意味の「足つぼマッサージ」ではその数か所だけのマッサージになってしまいます。
現在広く言われている「足つぼマッサージ」は正しくは「反射区マッサージ」=「リフレクソロジー」なんです。
「この辺をマッサージすると◎◎に良い」というのが「◎◎に効くツボ」という風に変換されてしまっている模様。
「ツボ」という単語が「ポイント」のニュアンスで使われているような感じを受けます。
リフレクソロジーはアメリカのお医者さんが発案した「反射療法」と呼ばれるものです。

胃の調子が悪いから、両足の中ほどの胃の反射区ゾーンをマッサージして刺激を与え、調子を回復させるようにするというのが主たる療法の1つではありますが
このリフレクソロジー、痛い場所で悪いところを知ることができるということがとてもありがたい!と私は思うんです。

明らかに調子が悪いってわかる部位は、触らなくても既に自覚があるのですが(胃や首・肩など)
膵臓や肝臓、腎臓、脾臓といった「沈黙の臓器」と呼ばれている臓器の調子もわかるって、とてもすごいことだと思うんです。
沈黙の臓器は症状が出てしまったら手遅れなんていうケースが多く
自覚症状が出てくる前に手を打たなくてはならない臓器ばかりです。

足指をマッサージしてストレッチしながら、調子の悪い臓器も分かってそれを改善できるなんて、
一石二鳥どころか、何鳥なんでしょう?

おそるべし足裏。あなどることなかれリフレクソロジー。

スポンサードリンク

どこが悪いか検証。自分で足裏マッサージをやったところ

公園にある石のゴツゴツロード(裸足になって歩くあの地獄の道)や青竹は、もう全部が痛い。
そうです、全身がまんべんなく悪いのは分かっています。
分かっていますが、「特に」どこかなのかを知りたいのです。
まず、どこの調子が悪いのかを特定するべく、フットチャートを見ながら、自分の加減でマッサージ。
いくら自分の力加減とはいえ、痛いところは痛い!
痛がったのちもしばらくの間は触れるだけでも過敏に反応。
特に痛かったのは、肝臓部分。痛い痛い。範囲も広いため、面で痛い。
私、お酒は飲みませんが、これだけ痛いということは間違いなく、脂肪肝(NASH)。
あらかた予測はついていたものの・・・それにしても痛い。
これが日々のマッサージで徐々に痛くなくなっていくのかな。
それとも痛みに慣れていくのだろうか(それじゃ意味がないのですが)
湯船に浸かり痛みが引いていくのを待ちながら戦々恐々。
マッサージしてリラックスするはずでしたが、痛みと不健康に震えるお風呂タイムとなりましたが
湯上りは足元がいつになくすっきり(痛みが引いた爽快感かもしれませんが)。
老廃物を流れやすくするためにもコップ1杯ほどの水分を入浴前に飲むほうがいいらしいのでそれも実践予定。

正直、リフレクソロジーで脂肪肝を改善することはできないと思いますが(食生活改めないと)
自身の悪いところを身をもって知り、改善に持っていくことは年齢性別関係なく良いことだと思っております。
高齢化社会、できるだけ若者のお世話にならないよう、今のうちから自分で自分を良くしていこうと思った次第です。