足爪のトラブル 自分でできるフットケア

足の爪

足の皮膚・足の爪など、ほんの些細と思われるようなトラブルで、転倒などの思わぬ怪我から歩行困難な状況に陥ることがあります。私自身陥入爪になったときは、パンプスはおろか履ける靴が限られてしまいました。そのような状況になると痛みが強く、外出が減ってしまい、下肢機能を鍛える機会も減っていく負のスパイラルに陥ります。高齢者はもちろん若年層にも増えている足のトラブルを未然に防ぐか、最小限で対処する必要があります。

スポンサードリンク

爪の変形【陥入爪・肥厚爪・巻き爪】

陥入爪・肥厚爪・弯曲爪

陥入爪・肥厚爪・弯曲爪
は予防できる

なんと!日本人の10人に1人が悩まされているという爪の変形。初期症状は、爪の切りすぎかな?と思うほどの小さな違和感から。

陥入爪

陥入爪(かんにゅうそう)とは、爪の角がトゲのように軟部組織(爪内部の肉)に刺さって炎症を起こした状態。特に足の爪に多く、爪の両脇が鬼の角のようになっていることが多い。
【陥入爪 原因】
爪切りの際に、爪の両脇を切り残してしまったことが原因となることが多い。陥入爪になった後、痛みから爪の両脇を過度に切ってしまうと逆に悪化する。

肥厚爪

肥厚爪(ひこうそう)とは、爪の厚さが分厚くなった状態。
【肥厚爪・原因】爪に過度の圧力がかかることや乾燥、白癬菌に感染することで発症する。

巻き爪

爪が内側に巻いてしまった状態。
【巻き爪・原因】
爪や足先が常に圧迫されている状態が続くと起こりやすい。深爪によって爪自体が持つ広がる力が弱まってしまった場合起こりやすい。外反母趾によって足が変形して人差し指による母趾への圧迫で母趾爪が巻き爪になることもある。

スポンサードリンク

爪の変形を予防するフットケア

前に挙げた、陥入爪・肥厚爪・巻き爪の原因を取り除くことが、まず爪トラブルを予防する一番の対策となります。

予防その1. 正しく爪を切る・清潔に保つ

予防その2. 自分の足を知り、適切な靴を履く

予防その3. 正しい歩き方をマスターする

その1.正しい爪切り

・先端部分は直線に切ります(丸・三角は×)
・爪の長さは白いところを1㎜以内のばす
または、爪が指の先と同じながさ
・こまめに手入れする
(爪切りの頻度は3~4週間に1度)
・両端の角は爪やすりなどで少しだけ削る
・清潔に保つ(白癬菌にかからない)
・乾燥している場合はワセリンを塗る

その2.自分の足を知る・正しい靴選び

・自分の足の形がどのタイプか知っておくことがポイント
・シーン(目的)に合わせた靴選びで負担を最小限に
~特にパンプスは時間限定で
・自分に合った靴を選ぶ
①踵を合わせる
土踏まずと踵がしっかりフィットしているか確認する
②自分の足幅の一番広い部分と靴の幅の一番広い部分があっていること確認する
③指先が少しゆとりがあることを確認する

その3.爪トラブルを防ぐ歩き方

爪トラブルになる歩き方 悪い歩き方
・前傾姿勢で足指にばかり負担がかかる
・浮指で足指に力がかからないペタペタ歩き
・寝たきり・下肢機能低下で歩かない
足爪は指側から押し上げる圧力と、爪自体が持つ広がる圧力のバランスで平らを保ちます。
歩かずに、蹴り上げる圧力が強くぎることも弱すぎることも巻き爪の原因になります。
爪トラブルを防ぐ歩き方 ゆりかご歩き
・つま先・膝は進行方向に
・まず膝を上げて前に出す
・歩幅は大きくなり過ぎず無理のない歩幅
・踵(かかと)から着地

重心が足裏中央に移動して足指へ

足指で蹴りだす

ゆりかご歩き参照してください

ちょっと気づいちゃったのですが、私座っている時に

足指に力を入れてつま先立ちにしている癖があります!

これも巻き爪の原因になりますか?

はい。指側からのチカラと爪の広がる力のバランスが崩れる程

長時間または強く床を押しているようだと

巻き爪に進行するかもしれませんね。

爪の変形に対処する

陥入爪 セルフケア

痛みがでたら

コットンを小さくとって、丸めて爪の両端と指が当たる部分にはさみます
テーピングを使って
爪左側から指腹に回して指の右側を通り左側の指付け根に向かってテンションを掛ける
爪右側から指腹に回して指の左側を通り右側の指付け根に向かってテンションを掛ける

陥入爪の状態で幅の狭い靴を無理して履き続ける、爪部分を強くぶつけるなどすると化膿します。
化膿した場合は、直ちに専門医の受診をおすすめします。
陥入爪は、両脇の爪の角が指先より出る。爪の角を少し削る。←この状態で再発しなくなります。
早めのケアが大切です。

肥厚爪 セルフケア

爪が厚くなったと感じたら

厚くなった爪の表面を、爪やすりで薄くする
爪と指の隙間を清潔に保つ
入浴することでたっぷりと水分を補給する
入浴後はワセリンを塗って保湿を日課にする

軽度の肥厚爪ならセルフケアが可能です。爪が厚く、セルフケアが難しいと感じたら爪の専門医に相談することをおすすめします。

巻き爪 セルフケア

爪が巻いてきた場合

テーピングを使って
爪左側から指腹に回して指の右側を通り左側の指付け根に向かってテンションを掛ける
爪右側から指腹に回して指の左側を通り右側の指付け根に向かってテンションを掛ける

巻きがとまらない、痛みがある時は皮膚科・形成外科の受診をおすすめします。